司会者との打ち合わせは念入りに

meeting

司会者との打ち合わせは念入りに

こんにちは!
セレモニー演奏コーディネーター協会、代表理事の鈴木です。
週末は花散らしの雨でしょうか。
今年はお花見できずに終わってしまいそうです^^;
“司会者との打ち合わせは念入りに”の続きを読む

選曲の大切さ

gakufu
選曲の大切さ

こんにちは、代表理事の鈴木です。
今日は、全体的な選曲についてお話ししたいと思います。

選曲は、ご遺族からリクエストを頂くパターンと、奏者に任せられるパターンがあります。

どの曲をどの場面で演奏するか?
特に要望がない限り、奏者の判断に任せられます。
セレモニー演奏コーディネーターの腕の見せ所ですね!

リクエストを頂くのは、ほとんどが前日です。
早くても2日前です。

ご遺族は、葬儀までの間悲しみの中忙しく対応に追われている為、リクエストどころではない場合があります。
葬儀の準備が整い会葬者を迎える前、少し心が落ち着いたご遺族が、遺影を眺めながら、ふと想い出の曲を思い出されることがあります。

その場でのリクエストです!
そのような時でも、出来る限り対応してあげたいですね。

リクエストがなく選曲を全て任される際、故人の年齢・性別・経歴・趣味嗜好等の情報から選曲します。
但し、実際式場に行ってみると、そのイメージと全く違っていたということもありますので、【用意した選曲が全てではない】ということを頭の片隅に入れておくとよいです。

臨機応変に対応し、場の空気に合わせられるのも、生演奏の良いところです。
良い選曲をする為には、ご遺族や参列者の心に寄り添うことがポイントです。

常日頃から、個人の好き嫌いに偏らず、プロとして幅広いジャンルの音楽にアンテナを広く張り巡らせておくことが大切です。
曲の引き出しを増やすのはもちろん、それをしっかり活用させることでセンスある選曲へと挑んで下さいね。

4月からの講座では、突然のリクエストでも対応出来るスキルを身に付けられる内容となっており、葬儀という場で重要となる所作接遇もプログラムに組み込まれています。
講座の説明会&コード入門セミナーが3月23日(木)に開催されますので、ご興味がある方はこちらをご覧ください。

無料メルマガ講座で、セレモニープレーヤーの世界を覗いてみませんか?
演奏法についてはもちろん、葬儀場での所作接遇に至るまで、メルマガ講座にて発信しています。
%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc