シンセサイザーのセッティング場所は120カ所

synthesizer
人間も楽器もメンテナンスが必要です。

はじめまして、セレモニー演奏コーディネーター協会、理事の中村です。
今回は、事務所側目線の記事をお届けしたいと思います。

夏の時期我々スタッフは、各会場の楽器のメンテナンスに大忙しです。
私が経営しています会社ですが、楽器をセッティングしている葬祭場は120ヵ所あります。
予備の楽器も含めると相当数の台数になるため、その中にはメンテナンスの必要なシンセサイザーも出てきます。
我々で直るものであれば、現場で対応するのですが、中には楽器店にリペアで持ち込みになる楽器もあります。
20年前のシンセサイザーから比べると1/3ぐらいの重さになっているものの、私の体も20年同時に経過しているわけで、持ち運びが負担になってきています。
そんなこんなで、今度は自分の体の弱い部分のメンテナンスに行くことになり、暫くはリハビリに通わなくてはいけないようです。

体が資本ですので、皆様も体調管理には気をつけて、素敵な音楽を届けて下さい。

音楽葬の需要

こんにちは、代表理事の鈴木です。
プレーヤーがお仕事をしている間は緊張していると思いますが、実は事務所の社長も緊張しています。

現場に向かい仕事を終えるまで、
事故に合わないかな…
葬儀スタッフとは上手く打合わせ出来たかな…
ご遺族に失礼はないかな…
と、心配したらきりがありませんので、仕事を回したらスタッフを信じて見送るのみです。

そのような中、一番の心配は音のトラブルです。

アコースティックのように、少々不調でも音が出れば対応出来ますが、電子楽器の場合、突然音が出ない!という事があります。
中村氏も長年の経験から、予備の楽器を会場に置いているのでしょう。

それにしても、セッティングしている会場が120ヵ所とは凄い数!
音楽葬の需要が伸びていることを表していますね。

葬儀の大きさは減少傾向にありますが、自らの最期に対して高い関心を持つ人が増えてきています。
その方の人生の最期、あなたの演奏スキルで、最高のお手伝いが出来たら素敵なことだと思いませんか?

人生最期のステージをあなたの手で♪

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。