葬儀の生演奏のあり方

CD

生演奏とCDの違いとは

こんにちは、セレモニー演奏コーディネーター協会、上級講師の小澤です。
最近、とても嬉しい出来事がありました。

葬儀では、出棺後にご葬家とお会いすることはありません。
しかし、先日のご葬儀では喪主様と娘様が、わざわざ一階の出棺口から三階の式場まで戻って来て、出棺の曲を弾いている私に「もう直接お礼が言えないと聞いて…」と話しかけて下さったのです。
それはそれは本当に嬉しくて、演奏しながらも立ち上がって深々とご挨拶をしてくれました。

担当者の話しによると、打ち合わせの時に喪主様は「音楽葬にはしたいけれど、CDで良いのではないか?」と、あまりシンセサイザーによる生演奏の音楽葬に乗り気ではなかったそうです。
でも、ご葬儀終了時には「生演奏の温かさや奏者の心がとても伝わって来て、本当に感激しました。生演奏にして本当に良かった。本当にプロなんですね。」と、仰って下さったのです。

又、先日は別の葬儀の営業の方に「葬儀での生演奏は、まだ馴染みが薄いからか、なかなか営業が難しい。」と言われました。

・生演奏にはCDでは出せない温かみがある
・CDではアップテンポで元気の良い曲でも、生演奏なら葬儀に合うようにアレンジして弾ける
・何よりも心を込めて弾いてくれる

営業の方はこのような生演奏の良さを理解して下さっているので、お客様から、「CDでいいよ。」と言われた時には、「お葬儀が終わった時に生演奏にして良かったと絶対に言わせてみせます!」と明言して生演奏を入れて下さっているそうです。
「絶対生演奏はいいですから。」なんて言われてしまったら、奏者は頑張るしかないですよね!

セレモニーの現役奏者は全員、必要とされているこの仕事に遣り甲斐を感じていることと思います。
時にはプレッシャーから失敗してしまう事もあるかと思いますが、頑張ってる姿、心を込めて弾いてる姿は、お客様だけではなく葬儀場の担当者、スタッフにも充分に伝わっていることと思います。

現役の奏者の方、これからチャレンジする方、是非誇りを持って、一回一回を大切に心を込めて演奏して頂きたいと心より願っております。

テレビで見る花火と生で見る花火

こんにちは、代表理事の鈴木です。
起業して数か月間、飛込み営業で駆け回っていた時のことです。
これまで営業の経験も全くなかった私が、生演奏が入った葬儀を経験したことがない方に、演奏を聴かせず良さを説明するのはなかなか難しいものがありました。
小澤先生のお話しにあったように、「CDでいいんじゃないの?」と一言で断られることもありました。

某葬祭場の専務さんとお話しさせて頂いた時、「では、鈴木さんが思う生演奏の良さとは何ですか?」と質問されました。
あれもこれもあって頭の中がグルグルしたのですが、「一言で言うと、一体感でしょうか!」とお答えしました。

【テレビで見る花火】 【生で見る花火】全く違いますよね!
これがCDと生演奏の違いです。

葬儀の会場では静かに演奏するので、花火やコンサートのように体に響く感じを味わうのとは少し違いますが、

・会場内の空気、スタッフの動きを読みながら、その場に応じた演奏が出来る
・司会者との絶妙なタイミングでの演奏
・人の手によって奏でられる生演奏の優しさ

プレーヤーはその場の雰囲気を感じ取って演奏に反映しております。
スタッフとの連携、司会者との呼吸全てが完璧に整ったお式は、奏者も達成感を感じます。
そのような時は、ご遺族様や会葬者の方も、「良い式だったね。」と感じられているはずです。

視覚的に、<人が演奏している!>だけではない、何かもっと感動するものをお届けできると思います。
生演奏だからこそ感じとれるものがあります。

この時の専務さんとは、今も良い関係でお仕事させて頂いております♪

葬祭会社様、音楽事務所様へ

セレモニー演奏コーディネーター協会では、生演奏を取り入れたい葬祭場、また、セレモニープレーヤーを育てたい音楽事務所を募集しております。
今後、生演奏を取り入れている葬祭場をHPに無料掲載していく予定ですので、希望の企業様いらっしゃいましたら連絡頂ければと思います。
お問い合わせはこちらからお願いします。

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

“葬儀の生演奏のあり方” への 2 件のフィードバック

  1. 私は 葬祭場で演奏の仕事をしているものです。
    演奏が好きで 昔からゆったりした癒される曲が好きだったため、それが活かされ 今やりがいを感じながら仕事をさせていただいてます。
    まだまだ 勉強することがたくさんありますが 人を癒せる音楽を奏でられるようにこれからも精進したいと思います。
    またこちらのサイトでも勉強させて下さい。

    1. 石田様
       
      初めまして。
      コメントありがとうございます。

      何となく良いお仕事なのかな…と不安なままこの世界に入った方も、仕事を重ねていくうちに、その遣り甲斐にどんどん引き込まれていくと思います。
      自分の演奏で、悲しみの中にいるご遺族の心を癒してあげられたら素敵ですよね。
      生演奏でしか伝えられない心に響く音楽を届けられるよう、お互い頑張りましょう!
       
      こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。