セレモニー演奏コーディネーター認定試験を終えて

siken
セレモニー演奏コーディネーター認定試験を終えて

こんにちは、セレモニー演奏コーディネーター協会、代表理事の鈴木です。
先週は、市内で一番大きな花火大会がありました。

花火に音楽がプラスさせるだけで一気にその価値が上がり、
更にライブで体験するとその感動は忘れられないものになります。
改めて、音楽の力って凄い!と思いました。

先月、春スタートの
【セレモニープレーヤー養成講座】【コード奏法講座】が終了、
その後認定試験が行われました。
皆さん、仕事に繋げたい!という思いで受講されているので、
学ぶ姿勢が高いです。

無事に、
セレモニー演奏コーディネーター1級認定試験に合格した中のお2人が、
SNSに感想を書いて下さったのでご紹介したいと思います。

【新潟に引っ越してきて1ヶ月が経ちました。
数ヶ月前から引越と入籍の準備でバタバタしてましたが、
今後ピアノの仕事の幅を広げていくために少し東京へ通ってました。

結婚のタイミングで葬祭について学ぶというのは、
なんとも不思議な感覚でした。

今月一番嬉しかったことは、約3ヶ月間の集中レッスンを終えて
セレモニープレーヤー1級試験に無事に合格したことです!】

この方はご結婚を控えながら、長野県から講座に通って下さいました。
結婚式の準備で忙しい中練習も頑張り、メキメキ上達するさまは
講師の菊永先生も感心していました。
認定試験の時は、ご結婚後の新潟県から受けにくるという、
なんともバイタリティー溢れる方でした。

新潟県の認定奏者第1号です!
セレモニー奏者としての今後のご活躍楽しみです。

もう1人の方は、妊娠7か月で受講されました。
試験の時は今にも産まれそうなお腹で受けられ、
そのフットワークの軽さにこちらも元気を頂きました。

【何度か資格取得の為にコード奏法の講座に行っています。
と投稿しましたが、出産の約3週間前に、
認定試験を合格することができました^^

セレモニープレーヤー養成講座です。

音楽葬をご存知でしょうか?
そこで演奏するノウハウを学びました。

2週間に1回、電車にてお腹支えながら水道橋に向かい、
いろいろなジャンルの曲をコードの習得と共に学びましたが…

菊永先生に模範演奏して頂いた愛の讃歌は一生忘れません!
物凄くカッコ良く悶絶寸前でした…

出産をしたのですぐには
セレモニープレーヤーとして活動できませんが、
コードを習得できたことでいろいろな可能性が広がりました!

ピアノ講師としても指導のボキャブラリーや知識が増えたし、
演奏までの準備期間が少なくて済むし
レパートリーが格段に広がったし…!

最後の方は、宿題1回ずつさらうだけで3時間かかかり
白目剥きながら弾いてましたが(笑)

あー本当に楽しかったなぁ^^
鈴木先生、菊永先生、ありがとうございました】

お2人以外の受講生も、それぞれの思いの中頑張っていたと思います。

資格を持っていただけでは宝の持ち腐れです。
協会の1級認定を持っていれば自信を持ってアプローチし、
どんどん活躍の場を増やしていって下さいね。

次回講座スタートは11月です。
9月29日と10月13日に、講座説明会がありますので、興味がある方はご参加ください。

セレモニープレーヤーを知るには、まずはこちらをご登録!! 

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

“セレモニー演奏コーディネーター認定試験を終えて” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。