仕事だから辛いこともあるけど、やっぱり音楽が好きだから!

heartbreak
音楽の力で心を癒してあげたい

こんにちは、セレモニー演奏コーディネーター協会、1級認定講師の林田です。
セレモニープレーヤーになって1年10ヵ月経ち、今の気持ちをまとめてみました。

突然ですが、「やる気がでない、弾きたくない」という気持ちになる時ありませんか?
でも、やっぱり弾いてみると夢中になってしまう。

ある時は、お式の雰囲気に合わせて「こんな感じかな?」と、よ~く考えて演奏しても反応がイマイチだったり…。
又、ある時は何となくお仕事をこなしていたら、会葬者の方や式典さんから、嬉しいお誉めの言葉を頂いたり…。
結局、まだよくわからない。

ただ、今の私は頂いたお仕事に対して真っ直ぐに取り組んで、準備をして出かけて行く。
自分の中にある音楽で、人の心に届けたい何かを伝えるために。

このお仕事を始めて1年10ヶ月。
まだまだ出来ないことの方が多い。
でも、出来るようになったこともある。

だから、今はまだ道の途中。
不器用な私が、時には消えそうなロウソクの火のような自分の心と向き合いながら。

やっぱり音楽が好きだから、そこから生まれる何かで人の心に伝えたい。

今までありがとう。
さみしいよ。
大好きだよ。
悲しいよ。
いろいろな気持ち…

穴があいてしまった人の心を、音楽で埋めることが出来たらいい。
それが、私がこの仕事を続ける理由です。

好きなことを仕事にする

こんにちは、佐川です。
好きなことを仕事にするということは、簡単なようでも凄く難しい事のような気がします。
小さい頃からの夢を叶える人はどれくらいいるのかは分かりませんが私自身、特に夢もなくなんとなく学生生活を送ってしまっていたので、当然就職活動もやりたい事ではなく、お給料が高いとか休日が多いなどで選んでいました。
実際、私のような方は多いのではないかと思います。
ただ好きというだけでは生活ができませんし、それなりにお給料も高くないと続けていくことは難しいと思います。
だから今、音楽が好きでこの仕事ができるという事はとても幸せなことなんだと思っています。
仕事だから時には、悔しかったり辛かったり悲しかったり色々な事はありますが、音楽が好きだという気持ちの方が上にあるから続けていけるのだと思います。

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。