デビューしてからも腕を磨き続ける

udeデビューしてからも腕を磨き続ける

こんにちは、セレモニー演奏コーディネーター協会、代表の鈴木です。
昨日の母の日は、いかがお過ごしでしたか?

私は、新たな2会場に楽器をセッティングさせて頂けることになりその荷物が一気に届いたので、こちらの作業に追われていました^^;
gakki

弊社は、基本的に月に1回研修を行いますが、3・4月は、友引に合わせたスタッフのスケジュール調整が上手くいかず、出来ませんでした。

もう皆さんご存知かと思いますが、セレモニープレーヤーがのんびり出来るのは、友引前夜と友引の日中だけです。
友引の日に合わせて、美容院に行ったり、お友達とランチに行ったり…と、予定を入れているのではないでしょうか?

予定を詰めたい友引ですが、弊社のスタッフには貴重な時間を頂いて研修をしています。

今月は3ヵ月ぶりの研修がありますが、研修担当から送られてきた課題がこちら!
kenshu
共通の課題が、【ひまわり】となっていますよね。
これは、これからの季節に備えての選曲だと思います。

また、弊社では現在2種類のシンセサイザーを使用しています。
各メーカー、機種によって、ピアノの音一つとっても全く変わってきます。
会場によっても変わるので、聴こえ方のバリエーションも増えます。

奏者それぞれに得意とする音色があり、研修担当者もそれをよく把握しているのでしょう。
今回はそこを重点的にみたいという課題なのだと思います。

セレモニープレーヤーになってから、研修を全く受けてない、また、他のプレーヤーの演奏を聴いていないという方はいらっしゃいませんか?

狭い世界で仕事をしていると、満足しているのは実は自分だけ??
ということになりかねません。

ご遺族様に、「良い式だったよ。」と言って頂けるように、仲間の演奏を聴いたり、勉強をして腕を磨き続けることは大切ですね。

今週、5月19日(金)に、講座の説明会&入門セミナーを開催いたします。
セレモニープレーヤーに少しでも興味がある方、また、現役プレーヤーの方で悩みがある方、お待ちしております ^^
詳細、お申込みはこちらになります。

また、現在無料メルマガ講座にご登録頂いた方に、
【3つのコードで「ふるさと」を広げる!】動画をプレゼント中です。
コード奏法の世界を覗いてみませんか?
%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。