歌謡曲のリクエスト対応

karaoke
まずは人気のリクエスト曲

こんにちは、セレモニー演奏コーディネーター協会、上級認定講師の梶原です。
歌謡曲についてお話ししていきたいと思います。

歌謡曲といっても、たくさんの曲がありますね。
まずは、よくリクエストを頂く曲をご紹介致しましょう。

♪川の流れのように(美空ひばり)
♪愛燦燦(美空ひばり)
♪我が人生くいなし(石原裕次郎)
♪王将(村田英雄)
♪人生の並木道(ディックミネ)
♪星影のワルツ(千昌夫)
♪見上げてごらん、夜の星を(坂本九)
♪涙そうそう(夏川リミ)
♪昴(谷村新司)
♪時の流れに身をまかせ(テレサテン)
♪いい日旅立ち(山口百恵)
♪千の風になって

上記の曲は、かなりの人気曲となります。
皆さんもご存知の曲も多いかと思います。
上級認定の奏者さんは、「楽譜を見なくても演奏できる!」。
その位の演奏回数をこなしている曲ではないでしょうか?

現場では、たくさんある歌謡曲の中から選曲をして演奏することになります。

歌謡曲の選曲ポイント

現場で<歌謡曲でおまかせ>とのリクエストがくると、数多い曲の中からどう選曲すればよいか迷ってしまいますよね?
その時は、まず『故人の年齢』を考えてみては如何でしょうか?
私は、故人の生まれた年から大体プラス20歳前後からヒットした曲を選曲しています。

例えば、故人が90歳の方の場合…1926年(昭和元年)生まれになりますね。
この方の場合、昭和20年前後からヒットした曲を考えてみると良いのではないでしょうか?

代表的な歌謡曲を挙げてみました。

青い山脈(藤山一郎)
憧れのハワイ航路(岡晴夫)
旅姿三人男(ディックミネ)
大利根月夜(田端義夫)
名月赤城山(東海林太郎)
リンゴの歌(並木路子)
湖畔の宿(高峰三枝子)

そして故人が75歳の方の場合…
1941年(昭16年)生まれになります。
昭和35年前後からヒットした曲を考えると…

古城(三橋美智也)
王将(村田英雄)
有楽町で逢いましょう(フランク永井)
別れの一本杉(春日八郎)
この世の花(島倉千代子)
港町十三番地(美空ひばり)
上を向いて歩こう(坂本九)

このように、75歳の故人と90歳の故人では、選曲する曲が多少変わってくるかと思います。
今回挙げた曲は、ほんの一部となります。
皆さんも、色々な年代に何の曲が流行っていたのか、改めて調べてみては如何でしょうか?

次回は、選曲のポイントについての続きをお話ししたいと思います。

年代にあった選曲の仕方

こんにちは、佐川です。
歌謡曲でのおまかせの場合、私は故人様の年齢を確認し、その方が青春時代に流行った曲や喪主様の年齢層を見て曲を選曲します。
また、お通夜の時に遺族の方に挨拶した時、そこにいる方たちの年齢層や、雰囲気をみて選曲をし、曲を入れ替えたりもします。
歌謡曲は、幅が広く曲数も沢山あるので選曲が難しいですが、私は、お任せの場合は、誰もが知っている有名な曲をできるだけ沢山選ぶようにしています。
聞いている方も、知らない曲よりは少しでも聞いた事がある曲のほうが親しみやすいのかな?と思い、毎回頭を悩ませながらも、式場にいる皆様に「今日の生演奏の曲良かったね。」と言われるように、頑張って選曲をしています。

セレモニー演奏コーディネーターの講座では、年代に合った選曲の仕方等も勉強します♪

親子共通の話題が増えました

ご葬家からのリクエストの他に、ご会葬の方から演奏中にリクエストを受け、弾くことがあります。
私がよくリクエストされる曲のナンバー1は「星影のワルツ」です。昭和の名曲の1つですね。
同じ東北の出身ということもあるかもしれません。確かに、楽譜の準備がなくても弾けます。

私の両親は昭和の歌謡曲が大好きで、年に1~2度TVで放映される「懐メロ」を楽しみにしていました。
昭和6年生まれの母と出かける時の車中のBGMは勿論、懐メロです。
今日も、「水色のワルツ」「君の名は」「青い山脈」「お祭りマンボ」「芸者ワルツ」「湖畔の宿」を聴きながら外出しました。
「古い歌だね」と言いながらも、楽しそうでした。
この仕事を始めてから、昭和の歌謡曲に強くなりました。
共通の話題が増えたことに感謝しています。
                青柳

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。