100回の練習より1回の本番!

zou
沢山の経験を積みましょう。

こんにちは!
セレモニー演奏コーディネーター協会、代表理事の鈴木です。

セレモニープレーヤー、
このお仕事は、本番を経験しないと成長出来ないと思っています。

では、練習しないで本番に臨んでいいの?

それとは少し違います。

もちろん練習はしっかりするけど、どんなに練習を積んでも、ご遺族を前にした演奏はそれ以上の価値になります。

2ヵ月前から研修スタートした新人さん。
講師も驚くくらいの吸収力で、「もうデビュー出来るよ!」とお話ししたら、

「え~、でも怖いです。」
「大丈夫!!」
「もっと見学させて下さい。」
「いやいや。実際演奏してみて得る事も多いから!!」

そうなんですよね。
【案ずるより産むが易し】だし、【100回の練習より1回の本番】

このお仕事はやり直しが出来ないお仕事なので、1回1回が緊張の連続です。
私もデビューしたての頃は手も足も震え、口から心臓が飛び出しそうな位緊張しました。
「完璧に出来るようになってからデビューしたい。」と言っていたら、いつまでたってもデビュー出来ません。

ご遺族を目の前にした緊張の中での演奏&集中力が、一回りも二回りも成長させてくれます。

しつこいですが、1回の本番をすれば100回練習しなくていいの?ではないです。
本番では、これまでの練習量が心の支えとなるのは間違いないので、納得のいく練習を積み重ねておきましょう!

発表会でも、コンクールでも同じことです。
後は自分を信じて勇気を持って頑張って(^_-)

セレモニープレーヤーは、音大卒でなくても講師経験がなくても大丈夫です!
まずは無料メルマガで、セレモニープレーヤーがどんな世界か覗いてみませんか(*´▽`*)?
%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc人生最期のステージを奏でるノウハウの購読申し込みはこちら

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。