ミスタッチは許される?

koya
ミスタッチは許される?

こんにちは、セレモニー演奏コーディネーター協会、代表理事の鈴木です。
いきなり質問です!

奏者が演奏に集中出来る時間は、どれくらいだと思いますか?

プレーヤーによっても違うと思いますが、私の場合、常に演奏している曲でも45分がよいところでしょうか。

弊社は、各葬儀社との契約によっても違うのですが、開式前のBGM演奏は30分~1時間となっています。
ミスが出来ないという緊張感に加え、薄暗い中での演奏はもの凄い集中力を要します。

毎回仕事を終え車に乗った時の何とも言えないホッとした感じは、故人様やご遺族の方へきちんと思いを届けられた充実感と、多大なプレッシャーから解放された安堵感からくるものだと思います。

では、本題のミスタッチは許されるのか?

どんなに集中していても、ミスしてしまう時がありますよね。
私は、心が込もった演奏であれば多少のミスタッチは目をつぶれると思います。
コンクールでも、ミスタッチの減点より表現力を評価してくれる審査員が増えてきました。

弊社のスタッフは、どんな些細な事でも報告を上げるようになっています。
30曲演奏した中、1音のミスタッチをしても報告が上がってきます。
報告の内容によっては注意する事がありますが、ミスタッチを問い詰めたことはありません。

なぜなら、本人が一番落ち込んでいるから。

私も経験していますが、1音のミスでも3日くらい引きずります^^;
誰も間違えようと思って、ミスするわけじゃありませんからね。

フジコ・ヘミングさんの、
「間違えたっていいじゃない。機械じゃないんだから。」
という有名な言葉があります。

だからと言って、ミスしてよいわけではありません。

ミスを怖がり萎縮した演奏になるより、何より大切な事は、故人様やご遺族の方の思い出の曲を気持ちを込めて演奏することだと思います。
真摯な演奏をしていれば、ミスがあっても思いはしっかり伝わります。

♪=====♪=====♪=====♪=====♪

さて、11月スタート講座は今期最後の講座となっております。
多くのご要望にお応えし、夜の講座もご用意しました。

コード奏法・プレーヤー養成講座は、セレモニーだけではなくあらゆる分野で必要となるスキルを勉強出来る講座です。
すぐにセレモニープレーヤーは…と考えられなくても、そのスキルを手に入れておけば練習方法がわかりますので、いつかお仕事をする時までに技術を磨いておくことが可能です。

また、老人ホーム・イベント会場・レストラン等、演奏の仕事をしたいけど、アプローチの仕方がわからない…と困っている方はいませんか?
10月15日開催の音楽ビジネス講座は、本気で音楽を仕事にしたい人向けの講座となっています。
こちらは、講座後の個別フォローも対応しています!

興味がある方は、講座説明会にお越しくださいませ。
残席5名です!

投稿者: 鈴木恵

初めまして、鈴木恵と申します。 ピアノやエレクトーンの技術を眠らせている皆様に活躍の場を提供すると共に、認知度の低いセレモニー演奏を世の中の方にもっと知って頂きたいと思い活動しております。

「ミスタッチは許される?」への2件のフィードバック

  1. すきな、音楽が、葬儀に使えるなんて、考えてもみませんでしたが、数年前、母の友人の葬儀で、ピアノとエレクトーンの講師をしているお嬢様が、亡きお母様の生前からのご希望、「まあちゃん、私が死んだら、お葬式で、ゴンドラの歌を弾いてね。」と言うことでエレクトーンでの演奏がありました。とても良かったです。多少、エレクトーン、ピアノをたしなむものとして、そんな事のお手伝いが出来るのであればと、思いました、
    岩田あや子

    1. 岩田様
       
      初めまして、鈴木です。コメントありがとうございます。
      ゴンドラの歌、素敵ですね♪
      娘さんの演奏で最期を見送ってもらえたなんて、まあちゃんのお母様は幸せだったことでしょう!
      私も自分の葬儀を考える時、娘が演奏している姿を想像しただけで涙が出てきます(^^;
       
      エレクトーンとピアノをたしなむのであれば、両方の良いとこどりでスキルが身に付きますよ。
      ぜひ、挑戦してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。